夜行バスで使いたい安眠快適グッズ

アイマスクと耳栓はセットで

夜行バスで移動をするときは誰でも快適に安眠したいと思うものです。
用意しておくだけで安眠につながる、夜行バスで使いたいおすすめの安眠快適グッズはアイマスクと耳栓です。アイマスクはバスの中のライトが気になるときに、とても役に立ちます。少しでも明るいと眠れない人もいるので、アイマスクがあるだけで快適に安眠することができます。耳栓も安眠には必須のアイテムです。夜行バスだと他の乗客のいびきや音などが気になる時があります。耳栓があるだけで一瞬で他の音が聞こえなくなり、とても気持ちが落ち着きます。アイマスクと耳栓は併せて使うことで、より一層心地よい眠りにつくことができます。アイマスクは自分に合ったサイズのものを用意しておくと、隙間から光が見えたりすることもなく安心です。

ネックピローとクッションも

夜行バスは、座席でリクライニングシートを少し倒した状態で睡眠を取ることになります。布団に横になりながら眠るのと違って、座席で眠っていると首が痛くなったり、お尻が痛くなったりしがちです。夜行バスで使いたい、おすすめの安眠快適グッズはネックピローとクッションです。
ネックピローは首のところに入るサイズの枕で、空気を入れてから使うタイプも物もあります。使うときに空気を入れるタイプのネックピローだと、持ち運ぶときにはコンパクトで便利です。クッションか座布団もあると安眠できます。長時間座席に座った状態だと、誰でもお尻が痛くなってきます。持ち運びに楽な、畳めるタイプのクッションか座布団があるだけでもかなり違います。首とお尻部分を快適にすることで、快適な安眠が得られます。

© Copyright バス旅日和. All Rights Reserved.